「但馬すこやかどり」は、ハーブが入った無薬飼料で育った、安全な鶏肉です。

会社沿革

昭和30年10月日の丸商事の商号で社長北村和雄氏が個人経営を開始。
昭和38年5月日の丸商事株式会社の商号で会社設立 資本金:800万円/従業員数 20名
昭和41年5月増資により資本金6千万円となる
昭和47年4月但馬養鶏農業協同組合設立
昭和47年7月新藤野食鳥株式会社と合併 但馬ブロイラー株式会社に社名改称 資本金:6千万円
昭和49年2月ブロイラー実験用ウィンドレス鶏舎建設
昭和50年3月桐野養鶏団地建設 規模:常時飼育羽数 20万羽
昭和59年3月但馬食鶏流通センター竣工 食鳥処理能力:年間 10,800千羽
昭和61年4月増資により資本金1億2千万円となる
平成2年3月但馬食鶏流通センター増改築工事竣工 自動中抜システム新設
平成9年7月但馬フーズ株式会社に社名改称
平成12年11月ISO9001認証取得
平成15年3月兵庫県食品衛生管理プログラム認定所得
平成21年7月モミ・タタキ方式の脱毛機に更新
平成23年4月但馬フーズ株式会社より事業譲渡により株式会社 但馬設立
平成23年4月山陰農芸株式会社の生鳥処理業務委託開始
平成23年11月ムネ解体処理機(イールダスシステム)導入
平成27年4月事業譲渡により株式会社 但馬どり設立
平成27年9月トンネルフリーザ導入 能力8t/時間
平成27年10月(株)サンファームより移管した「但馬どり」の販売の開始
平成28年10月但馬どり びっくり市を開始
平成29年3月前川製作所製 全自動脱骨ロボット(トリダスマークII)8機導入
平成31年3月前川製作所製 チキンフロントハーフ全自動脱骨ロボット(イールダス3000)1機導入
令和2年3月前川製作所製 スクリューチラー増設

>但馬どりで一緒に働きませんか?

但馬どりで一緒に働きませんか?

自然豊かなのに都会にも近いこの恵まれた環境で、私たちと一緒に働きませんか?

CTR IMG